バリア機能の回復

肌のバリア機能を正常な状態に回復させるためには、ターンオーバーを正常化する必要があります。そのために最も有効な手段が「保湿する」ということなのです。しかし肌の保湿をするといっても、保水する能力がそもそも無ければ、いくら保湿しても意味がありません。この保水に役立つのが細胞間物質であるセラミドやヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸はコラーゲンやエラスチンの間を満たして水分を保持することで、肌に潤いと弾力を与える効果が期待できます。どちらも人間がもとより持つ物質ですが、これらは加齢とともに減少してしまいます。セラミドやヒアルロン酸が配合された化粧品やサプリメントで補うと良いでしょう。

生活習慣の改善や肌に良い食生活という部分に関しても、もちろん意識する必要はあるのですが、その上でしっかりと内側からのケアをしていくことが大切です。2つの方向からアプローチすることで更なる効果も期待できます。外側からのケアにおいて注意したいのが、洗顔のしすぎによる乾燥です。ニキビを治す上でしっかりと洗顔を行うことはとても大切ですが、かと言って洗顔をしすぎてしまうと肌が乾燥してしまい、逆にニキビが出来やすい環境を作ってしまうことになるのです。